上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
糸冬Pの台所でいろいろお聞きできました。見てる人にも見てない人にも。ちょっとこっちでもまとめておきましょう。ついでに反論したい所は反論しておきます。

「765プロ興亡史を見ていない理由」を少し書いていこうかと思います。完全に私個人の一人語りですがお許しください。
私は一応、「閣下で三国統一」「律子の野望」当初からの架空戦記ファンです。
私が架空戦記を見始めたとき感じていた「架空戦記」の魅力は、黒春香というインパクトと、upスピードの早さでした。レプリカPの閣下立志伝はそれこそ二日に一本の早さで続編がつくられ、マイリストにずらりとならんだ「シリーズもの」という価値に魅了されました。
あのとき架空戦記に、
「タグ検索 im@s架空戦記シリーズ 投稿日時が新しい」
で待ち構えるという習慣が生まれました。
たしか「興亡史」は架空戦記の新シリーズが連続した時期で、一番はじめに見たときの印象は、「また三国志か……」だったように思います。開けてみると、どうにも社長が出しゃばっている作品のようでした。
これはたぶん大きなポイントで、「架空戦記」において、社長の存在は魅力にならないといいますか。
「765プロが三国時代に跳」の登場時にも思ったことですが、プロデューサーや社長がアイドルたちにつきっきりでない状況に違和感があるのです。
主役はあくまでアイドルであると思っていたところに、プロデューサーや社長までも同じ舞台に立ち、活躍しだしたことへの違和感でしょうか。
他のシリーズでは、アイドルにはその動画内に新しい「P」が設けられ、それも多くはアイドルに従い、アイドルを導く人物。原作ゲームに登場する「P」の姿の投射です。
閣下立志伝の「ューサー」。iM@S演技の「うさちゃん」はそこを違えていません。美妓皇帝の社長は、敵側である時点で突き抜けているので、別人扱いです。
たぶんこういう意見は他ではないだろうなぁと思い、結構個人的で偏屈な考えですが書き込んでみました。
「あずさのぶらり三国一人旅」は、内容としてはシンプルで温州蜜柑Pは「暇つぶし」と言っていましたが、打ち切りが悔しくなるほどの良作だったような気もします。紙芝居ありで「あずさらしい」ところが増えれば、再生数も増えたのではないでしょうか。


 先に言っておくとぶらり一人旅は紙芝居をつけないことを念頭に置いたシリーズなので紙芝居が付くことはこの先一切無かったでしょう。付ける気も無かったのは作品を上げたときに述べたはずです。
 さて、まず興亡史の設定としてアイドルはデビュー前です。お互いの面識はあるけれど、世間には知られていない、レッスン中の子達。ここに「P」という存在を絡ませるわけには行きません。説明するまでも無く、彼女達にとって「P」は無二の存在だからです。つまり、恋仲もしくはいい仲になったから帰りたくないって言っちゃう子が多数出てきてしまうと。避けるべきでしょう。
 そこで社長と小鳥さんです。この二人はアイドルと言う立場と個人を守る立場にある人間ですから、比較的扱いやすいのです。あくまで765プロが三国時代に行ってしまった訳ですから統括すべきは高木順一朗その人なのです。しかしこれには弊害もあるようで。

12. Posted by モジャ 2008年02月19日 15:07
自分も興亡史の視聴者ですので一言

最初は社長がうざくて何時視聴止めようか?って感じでした
例えば今後の行動方針とかを決めるときなど
社長→P&小鳥→アイドル&武将、と上から下への命令伝達で
アイドル達が駒の一つとして扱われているみたいに感じて不快だったからです
まるで、好きなアイドルが主役だと思ってドラマを見たら、ただの端役だった、みたいな

 なかなか鋭い。一部動画を作っている最中にアイドルが駒に見えたことがあります。特に戦闘以外の戦術を考える場面、特に真に顕著です。随分と脳内が三国志に占領されているためか、ゲーム中の軍略で動かしている所があります。
 この動画では主人公は『765プロ』としています。それぞれに見せ場があるように作っていますが、プレイ自体は社長が君主のため戦闘には必ず社長が出ますし、仕事も社長の指示ですから駒に感じられたというのはこの辺りでしょうか。
スポンサーサイト
2008.02.22 Fri l 未分類 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mikan3594.blog18.fc2.com/tb.php/35-99e35be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。