上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
 長文注意


 袁術、字は公路。三国志Ⅹのシナリオ英雄集結では、史実において魏の要衝であった寿春を本拠とする群雄。そして演義でのネタっぷりと蒼天航路の描き方が明らかに猿な人である。
 自分のスタンスは能力の低めな人ほどギャグリリーフ、且つ真が女性であると見抜くというスタンスなので(例:曹操が真を見れば胆力のある男に見える)、袁術は勿論真を女だと人目で見抜いている。例外は女性のみ。孫策なんかも初対面では真を男だと勘違いしている。動画にはしてないけれども。
 しかしこれ以降の自分のスタンスだと、あきらかに袁術は両刀になる。つまりシリアスもこなせる配役になるのである。何故か。それは彼が曲がりなりにも三国時代の名士だからである。
 燃え展開を飽きさせずに見せるには、それまでにどれだけ緩やかな話を見せ付けたかで決まると思う。つまり話の緩急。このあたり、Fateなんかの影響をもろに受けているかもしれない。しかし常に同じものばかりでは飽きるのも当然なので、袁術というギャグを背負えるキャラクターが必要になってくる。あまり褒められたものではないが。
 先発も中継ぎも出来る投手というのは案外重宝される。我が愛する阪神も昨シーズンは同じような感じであった。袁術は先発も中継ぎも出来るキャラクターだと思う。知力も72と本来頭が悪い部類ではない。作者的にはどちらにも転ばせられる、便利な人なのだ。政治手腕はなかったかもしれないが、作中ではもし袁術がきれいだったらという妄想の袁術を書いている。
 士燮に次いで階級の高い彼が今後どう活躍するか。自分も測りかねている
スポンサーサイト
2008.01.21 Mon l 765プロ興亡史 l COM(0) TB(0) l top ▲

コメント

コメントの投稿












       

トラックバック

トラックバックURL
→http://mikan3594.blog18.fc2.com/tb.php/20-2c63af12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。